だけに「みえる」ものがあるならば

はらたく世界の、かたすみで

共働きDINKSの家計管理

結婚してから他のDINKSのことが気になる。

特に気になるのは「家計管理」。

このやり方を続けて1年近くになるけれど、我が家のやり方は合っているのかな?

振り返る意味で記事にしました。

 

 

 

 

我が家の家計管理~担当制~

 

 

我が家は結婚前に夫婦で話し合って「担当制」を採用しています。

 

我が家の担当制は、【固定費】を夫が、【変動費】を妻が主に分担している。

 

 

★我が家の支出担当の内訳★

 

【夫の担当】

・家賃 6万円

・光熱費 1.5万~2万円

(水道は2か月まとめて、ガスは都市ガス)

・たまに食費・日用品費 1万未満

 

 

【自分(妻)の担当】

・食費・外食費 3万円

・日用品費 5千~1万円

・交通費 7千円

(最寄り駅まで朝夕は一緒に通勤)

 

それ以外にかかる費用については各自負担している。

 

★個人負担の支出の内訳★

 

・通信費

(夫・妻ともに格安スマホ1台ずつ、妻のみ+モバイルルーター1台)

自動車保険

・生命保険(夫のみ)

・夫個人の交通費(夫の車のガソリン代や、電車代)

奨学金の返済(夫 1万円/月、妻2.3万円/月)

・コンタクト代(妻のみ)

・小遣い(会社の飲み会や友人との交際費や美容費など)など…

 

ちなみに娯楽費(一緒に遊びに行った映画のチケットや猫カフェ代など)は、その時々で持ち合っている。

 

 

「担当制」を維持するにも条件がある

 

私たちはこのやり方で今のところ上手くいっているが、この「担当制」にも向き不向きがあると思います。

 

 

①お金のかからない趣味

 

夫の趣味はスポーツで、地元の社会人サークルに入っています。道具は高校時代に使っていた物や、中古ショップで手に入れたものを使っているので最近大きな支出はないようです。

私自身は、年に3~4回の美容室と化粧品の購入といった美容費と、年1回ほど10着近く服を購入するのを除けば、これといった趣味がありません。

以前はV6につぎ込んでいましたが、最近はCDもレンタルですし雑誌も買わなくなり、たまのテレビ出演を録画したり、過去のライブDVDや会報を見返すくらいです。

(化粧品は安いものでも千円くらいするので1個1個が高いですよね;今後Twitterで評判の良かった100均コスメを試す予定です)

 

 

②貯蓄用口座

 

今はちょっと停滞気味ですが、今年の春に挙式・披露宴を済ませたのですが、その際に費用を全額自分たちで負担する予定だったので、毎月ほぼ同じ額をお互い給料日に共通の口座に貯蓄していました(半年で150万!)。

毎月の貯蓄は行っていませんが、今度は私の有利子の奨学金返済のためにボーナスを貯蓄する予定でいます。

また、私自身は結婚して籍を入れた時から少額ですが定期預金を契約しています。また、夫の方は会社の財形貯蓄を利用しています。

 

 

③口を出さない、代わりに毎月報告はする

 

我が家は担当制をとっているため、早い話余ったお金=お小遣いになりやすいです。

実際、私も月によって支出の変動が激しく「使いすぎちゃったな;」と反省したり、「給料日前に口座のお金が1万円を切った;」ということがままあります。

それでも夫からお金の使い方について意見されたことはなく、私自身もしません。

ただ、代わりに各自で家計簿をつけているのでそれを見せることはあります。

(妻の私はスマホの家計簿アプリで31日までつけ終わったら見せるようにしています)

 (今度夫の家計簿も見せてもらうようにします)

 

 

④安定した収入

 

これは言わずもがなですね。

我が家は夫婦とも正社員で、だいたい700万くらいの世帯年収があります。やっぱり働けるうちは夫婦そろって働いた方が良いと私自身思っています。

それに結婚する際に夫から専業主婦の案も出されましたが、いまだに断り続けています。

今のご時世共働きじゃないと不安ですし、奨学金返済もあるし、なにより収入があるからこそ③が成立すると思っています。

 また、結婚するとなにかと物入り(挙式しかり)なので安定した収入は精神衛生上良いですし、夫婦仲にも影響すると思うので必須です。

 

⑤収入が変動する予定がない

 

これは今後の我が家の課題です。

最近ようやく重い腰を上げて妊活をスタートさせましたが、元々淡泊な夫婦生活だったのでまだまだ先になると思います。産休・育休をはさむと天引きだった保険料は変わらないのに世帯年収は一気に下がるので頭の痛いところです。

 

 

今後について

記事にすることで家計について振り返ることもできましたし、今後の我が家の家計も改善の余地があると思います。

 

 

継続すること

・趣味にお金を費やさない

・共通の口座に貯蓄する

・毎月家計簿をつける、報告しあう

 

 

改善すること

これは個人的なところ

・美容、洋服にお金をかけやすいので、それ用の貯金箱を用意する

・定期預金の額を増やす

・食費はまとめてnanacoへチャージ、その額の範囲に食費や日用品費などをおさめる

 

 

 

最後に

 こうして書き出してみると、担当制も結構我が家はあいまいなものですね。

夫が担当外の費用の負担もいとわない人で良かったなぁ、と思います。

それに、今後転勤などで私の収入がなくなった時に同家計をやりくりするか、妻が家計管理するのか、夫が生活費を渡すような形にするのか、今後夫婦で話し合いも必要だと感じます。

 

それにしても、共働きでもやっぱりお金の悩みは尽きません。

あー宝くじ当たんないかな笑

 

 

 

 

二人の# 「ポリアモリー」「選択的シングルマザー」感想

 

 

www4.nhk.or.jp


・二人の話し方が、東大の社会学者の古市憲寿さんに似ている。
・「ソーシャル赤ちゃん」、助けを求めるツールがあるのがうらやましいけどこれは彼女だからできることかも。ある程度やり取りのあるコミュニティ内での話。
・手に職というか、ノマド的な働き方ができるのがうらやましい。子育てに合わせた働き方ができるのなら、もし子育てが自分ひとりでできそうなら結婚という形で収入を保証してもらう必要性もないわけだし。会社の都合とか、保育園の都合だとか、そういう制約がないなかで育てられるのは、ただうらやましい。
・産後ケアだったり、助産院だったり、家の近くにそういう場所がある地域なのもうらやましい。
・やっぱり会社に依存した働き方をしているうちは、こういう選択できる人は少ないかも。特に自分のいる地方都市のような社会的資源の少ない地域では、仕事と子育ての両立は難しいかも。こっちはサポートしてくれる親世代もしくは保育園しか選択肢がないもの。家にいてくれる乳母的な人がいればなぁ。これは産休・育休の時でも必須だけれども。そういう意味で、選択的シングルマザーについては1年間くらい追いかけてほしい。

・「ポリアモリー」、本当に幸せなのかな。
・本来は友人が担う部分を「恋人」という形でカバーしているのかな。実家に帰ったときの様子を見る限り、母親と仲がいい感じでもなかったし。「社会的な溜め」って考えれば、「経済的自立」をしている限り、悪くない選択だと思う。いわゆるフレンドと何が違うか、というコメントもあったらしいけれど、これは正直そういうフレンドを持った人間しかわからない感覚だろうなと思う。「関係も持つ異性の友人であり、飲みにも遊びにも行く中」なんてのも聞いたことがあるし。ただ、女性が許容できる男性は全体の2割のみというのをどこかで聞いたことがあったけれど、そういう意味では珍しいタイプの女性なのかも。
・全く関係ないけれど、ドレスアップしたきのコさんはとてもきれいだった。
・家賃滞納問題があったけど、こういうトラブルがあった時の解決の仕方とかが気になる。あとでこのきのコさん絡みのTweetまとめ読んだら、
『Q:ポリアモリーを続けていく上で必要なことは?』
『A:経済的自立』」
みたいなやり取りがあったから、片方の収入亜不安定になった時点で破綻するのね・・・と思った。そこは婚姻関係と似ているし、やっぱりこのご時世配偶者の養うなんていう甘い言葉に騙されちゃだめよね。

結婚したら、「女子力」が上がった話(メンヘラ社畜女子の場合)

ブログ記事のきっかけは↓このまとめ

 

togetter.com


 


私は学生時代を含めて約6年一人暮らしをしていました(20~26歳)。
その時の私はと言うと、クラスメイトと比べてお洒落とは言い難かったです。
一人暮らしの当初は実家から持ってきた洋服でやりくりをし、髪は美容院に行くお金もなく自分で染めていました。その後メイクもするようになりましたが、メガネの為薄めのアイラインとアイブロウぐらいで終わっていたので、あんまりパッと見てわかる女子力はなかったかも。(その後、リサイクルショップやネットのオークションなどを駆使して服装は改善された。)

社会人になってからは、コンタクトになったものの今度は激務になり女子力どころではなかったのが本音。髪は車を持ち始めて自由に行けるようになったので行きつけの美容院が出来て、そこで染めるようになり、3~4か月に1度は通うようになりました。

洋服は、スマートフォンに変えたのと同時にフリマアプリを使うようになって、そこで買うようになりました。けれど仕事がきつく、会社に若干不信感があり、他の社員の目が気になって職場に着ていくものは総じてシンプルでした。それに、会社は制服(といか作業服に近い)があるので自分で女子力を発揮する場面があまりなかったです。
(あってもヘアゴムやシュシュくらい)

それが、結婚後に何度か「綺麗になった」「雰囲気変わった」と言われることが増えました。

結婚前と変わったことと言えば以下の通り。

・精神的に安定して自分のケア(髪や肌、メイク、服など)ができるようになった
・睡眠を十分にとれるようになり、ストレスも減ってニキビが出来なくなった
・夫と家事分担できるので、手料理を頻繁に作れるようになり食生活が改善した
・気持ちの余裕から、新しいこと(カラコンや新しいメイク、服装など)にチャレンジできるようになった

結婚直後はまだ仕事のストレスもあったり慣れない生活に体調を崩したりしましたが、結婚して職場環境も落ち着くと↑ができるようになり、みるみる雰囲気が変わったようです。

特に髪型はいろんなカラー(アッシュやグレー系など)を試すようになったり、ワンレンにしたりと「大人っぽく」を意識した髪型に。

メイクはもともと奥二重だったのをアイテープで二重を作るようにしたり、ベースメイクや日焼け対策をきちんとするようにしたり、リップも流行の赤みが強いものを使うようにしました。
また、仕事の負担が格段に減って健康になったのも大きいかもしれません。そのおかげか、入社当時より6㎏近く太りましたが;)

もともとメンヘラぎみだったので、一緒に暮らす人がいると精神も安定します。それに仕事の環境もメンタルへの影響は大きいです。
気持ちの余裕って自分ひとりじゃ作れないので、今後また気持ちの余裕がなくなりそうだったら環境を見直していきたいと思います。

暑さも和らいで


今日は恒例の小学校でのバレーがない日。
月曜日に半日休みでスロースタート気味だったけど、何とかキリがいいところまで仕事が終わって良かった。今は担当が1つだからゆったりした気持ちで繁忙期乗り切れるのがありがたい。
定時が5時半のところ、5分後には退勤してきた。いつもより早いのは、パスポート申請が間に合うか試したかったから。帰宅ラッシュでやっぱり無理そう。お盆の一人出勤の時に昼休みを使っていってこようかな。
帰り道に、会社の物品のお使いと、自分の買い物を済ませて帰宅したのは19時ちょっと前。早く会社を出ると気持ち的にも余裕があっていいな。30分違うって結構大きい。
今日の夕飯は、自宅にあった肉じゃがの素で作ったシンプル豚肉じゃが、キャベツと枝豆の蒸し野菜サラダ、しめじと油揚げの味噌汁に白米。
お弁当も詰めて洗濯もして服薬もして、滞りのない一日だった。夢はちょっと見たけれど就寝前の服薬のおかげでぐっすり眠れた気がする。オットは最近疲れがたまっているようで不調なようだけど、週末のキャンプでリフレッシュしてくれるといいなあ。

メンタルを崩しました

さかのぼること、今週のはじめ。

 

とにかく体調が悪い、というか気分がすぐれない。

 

 

仕事のこと、積もり積もった疲れ&寝不足、オットとの喧嘩からのギクシャク…etc

 

職場の方々にいろいろ愚痴ってもすっきりしない胸の内。

 

口を開けば、「あーしにたひ」

 

猫カフェに行けば、「疲れた人間のための施設だこれは」と思ったり。

 

 

 

色々重なった末に、初めて(予告してから)仕事を休みました。

 

布団の中からオットを送り出し、ゾンビみたいな心境でとりあえず会社へ電話。

 

上司に午前休が欲しい旨を電話で伝えると、一日全休していいよ、とのこと

(おや?意外と優しい?(ヒドイ)

 

 

まずは、かかりつけのメンタルクリニックへ。

 

予約なしだったのでちょっと待ってから診察。

 

いつものことだけど、これといって診断名は出さずにポツリポツリと話すのを聞いてくれる。

 

お医者さん曰く

 

「仕事を減らしなさい、診断書書いてあげるから」

「夏バテもあるね」

 

とのこと。

 

春先とは別の薬と漢方をもらって帰宅。

 

あとは丸一日布団の中で寝ていました。

 

前の日から食欲がなくって、いただいた桃だったり買い置きのキウイだったりを食べて寝まくる。

 

 

翌日~翌々日、上司と面談をして現状を話すと、思いのほか理解があって驚きました。

 

上司曰く

 

「あくまで兼任業務は『補助』だから気を負わなくていいよ」

「移動前よりは働きやすくなるように心がけてサポートするので、溜めないように」

「こっちではゆったり働いて」

 

とのこと。

 

こう字面にすると思ったより職場環境良い…?

 

ともあれ、一時はオットと「退職するかも;;」なんて話していたのがうそのようですが、まだしばらく兼業は続きそうです。

 

 

兼業主婦の1日のタイムスケジュール       ~正社員フルタイム子なし~

f:id:halri_109:20180716150945p:plain

 

 

 

兼業主婦となり早9か月。

 

最近の悩みは

 

「自分の時間がない」

「なんか仕事と家事で私の一日終わってない・・・?」

 

と、とにかく時間のなさにストレスたまりまくり。

 

そこで自分の時間の使い方を見直すのにタイムスケジュールを書き出してみました。

 

なお、書き方はこちらの記事を参考にしました。

 

 ------------------------------------------------------------

dinks子なし兼業主婦のタイムスケジュールは? – 30代子ナシ共働き主婦のあれこれブログ

 ------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 平日の流れ

 

 

6:30 起床、朝食
7:00 着替え、メイク
7:15 家を出る
8:10 仕事開始
   (定時は8:30~17:30
18:00 仕事終了、夕飯の買い物など
19:00 帰宅、夕飯準備、洗濯、洗濯ものたたみ、翌日のお弁当準備
    (夫が飲み会や、妻がサークルの日には各自外食)
20:30 夫のお迎え
21:00 夕食、TV
22:00 入浴、スキンケア
23:00 就寝

 

 

例外はありますけれど、平日仕事のある日はこんな感じです。

 

朝食~出勤まで

 

朝食の準備は基本夫がしています。(代わりに夕飯は私が担当)

朝ご飯用とお弁当用のご飯は、夜のうちにタイマーでお米が炊き上がるようセット(これは夫と私の手が空いているほうどちらか)。

みそ汁は前日の夕飯の残りだったり、お湯を入れるだけのレトルトを使ったりします。

おかずも残り物か、すぐに食べられる総菜を前の晩に買っておいたり。あと卵かけご飯とか。基本「温めるだけ」でできるので、夫にお願いしてます。

 

夫が朝食の準備をしているときに、私は着替えたり布団を畳んだり、たまに間に合わず夜寝落ち(笑)したときにはシャワーを浴びたり。

身支度が終わったら朝食を食べ始め、食べ終わった順に夫は着替え、私はメイクを。

(たまに寝坊したら、私は会社に行く前の駐車場でメイクしてたりします;)

 

 

 

 

 

 

帰宅後~就寝まで

 

平日の帰宅時間は大抵19時前後です。

帰りに夕飯用の食材を買うのにスーパーに寄ってから帰るるときもあります。

 

帰ったあとの流れは以下の通り。

 

食材をしまう

洗濯機まわす

洗濯物のとりこみ

朝食の食器洗い

夕飯用のご飯炊き

おかずづくり(2~3品)

洗濯物たたみ、洗濯物干す

時間があれば居間とキッチンの掃除機かけ

夫からLINEが入れば駅までお迎え

夫の帰宅後に夕飯

 

だいたい帰宅から夫の送迎の為に家を出るまでが1時間~1時間半くらい。

夫が自分で 最寄り駅まで帰ってくるときは、送迎しないぶん自分の時間でしょうか。

でも少しでも手が空くと掃除機かけたりするからあんまりゴロゴロできないなぁ。

 

あと、たまにヨシケイや生協を使って時短!と書いてある記事を読んだりするのですが、なかなかうまく使えなさそうでまだ手を出していません。もし子供ができて家に居られて買い物に行けなさそうなときは使おうかなぁ、と考えてます。

あと、夫の親戚が家庭菜園をしているのもあり、大量に野菜を頂くので(田舎あるある)それを処理するのにどうしても自炊になるんですよね(;´∀`)

ぜいたくな悩みではあるんですが、キャベツ1玉とかじゃがいも10個とか使いきれませんて;

 

 

補足


家を出るのが異常に早いんですが、車通勤が関係しています。
今私が住んでいる町は地方都市でなおかつ路線バスも少ない車社会。
私の会社までは片道20~30分くらなんですが、朝7時半を超えると国道は大渋滞(;´д`)トホホ。
夫が新幹線通勤なんですが、毎朝大きな駅まで送迎しているのもありこのくらいの時間にでないと間に合わないです;自分一人だけ出勤の時は、大抵土曜日や祝日なのでもう少し遅めの7:30(これでも早いけど)前後に家を出てます。

また、運転中自由になるのは耳くらいで、音楽かラジオを聴くくらいしか出来ないのがつらいところ。なかなか「通勤電車内でネットスーパーの予約!」みたいなのは難しいです(;'∀')

それから、定時より早く来ているのは職場のお掃除の為です。
私は事務員なのですが、部署で8:30定時なのが私と私の上司だけ、そのため事務のデスク周りのモップ掛けだったりごみ捨て、簡単なトイレ掃除なんかが私の仕事です。(この早出も手当てになったらいくらになるんだろう・・・笑)
小さい会社なんかだと、こういうところ多いのかな??

 

 

 

 

どう自分の時間をつくるか

 

とりあえず挙げられる案は以下の通り

 

①夕飯づくりを外注化

 

一番ネックになっているのが夕飯づくりなのを踏まえて、いまは食材を切って~から調理しはじめるので、これを平日のみ総菜や冷凍食品、レトルト食品に切り替えれば、自分の時間を確保するようになりそうですね。

 

これについては

 

メリット

・調理や洗い物の時間が減る

・お米を炊く以外はほかのことが出来る

 

デメリット

・食費が少し高くなる

・栄養価がかたよる(おかずの種類による?)

・似たメニューが続きそう

 

→毎日でなくとも週の半分くらいはいいかな・・・?

あとは夫との家事の配分によるかも。

 

 

②家電を増やす

 

いまはルンバだったりいろんな家電がそろっていますよね。家に人がいられないなら家電に頼るのも手かと思います。

 

これについては

メリット

・働いている間に家事が終わっている(ルンバなど)

・季節に左右されず家事が片付く(乾燥機など)

 

デメリット

・初期投資が高い(イメージがあります)

・引っ越し先でも使えるかわからない(食洗器など)

ランニングコストが高い(乾燥機など)

 

 →いまは新婚旅行や奨学金返済を控えているのでなかなか高い買い物は手が出ませんね(;´∀`)ルンバくらいなら買ってもいいかも?

 

 

 

③夫と通勤を完全個別化する

 

いまは夫に合わせて早く家を出ているので、10分でも長く家にいられたら幸せだろうなぁ。あと、朝私が機嫌悪いときには正直一人で通勤したい…!

 

これは

 

メリット

・朝と夜(私が)のんびりできる

・すこし朝長く寝ていられる

・夕飯作り終わってからの自分の時間が確保できる 

 

デメリット

・朝は夫が7時前に出勤しなければならない

・夫の電車代がかさむ

・乗り換えがうまくいかないと帰宅まで(夫が)時間がかかる 

 

→うーん、これが毎日だと夫の負担が大きいから難しいですね。帰りだけでも自分で来てくれると助かるなぁ。

でも、私送迎してるけどガソリン代とかもらえてないんだけど・・・?

 

 

④転職する

 

ちょっと大胆な発想。子どものいないうちは正社員で、とも思ったけれどフルタイムで平日家事もやってってダブルワークみたいなものよね…。それなら9時~16時くらいのパートになれたらちょうどいいなぁ。

 

これは

 

メリット

・時間に余裕ができて家事も十分にできる

・自炊も増えるので食費が減る

 

デメリット

・世帯収入が減る

・自分で自由になるお金が少なくなる

・貯金のペースが落ちる

 

今はちょっとデメリットのほうが大きいかなと思います。子ども持つこと考えるとなかなか職は手放せないですよね。しかも正社員、私が辞めたら手世帯収入が2/3くらいになってしまいますし*1

 

最後に

 

結構極端な案ばかりだったのですが、いま現実的なのは①②かなぁと思います。

正直体力に自信がないので「朝家族より早起きして朝活」「週末は作り置きで」などは今回挙げませんでした。

それから「DINKS時代はばんばん外食して乗り切る」「副業で収入を増やして家事代行依頼」などこのほかにもやれることはありそうですね。

 

あー家事の心配なくごろごろしてたい笑

 

 

 

 

 

 

*1:世帯で800強、夫単体だと500前後です

新婚子なし兼業主婦、焦っています

結婚してからの最大の変化は

 

「時間がない」

 

に尽きる。

 

 

とにかく焦っている。

 

仕事、家事、キャリアアップ、健康、趣味…etc

何につけても「時間が足りない」。

 

仕事をしていると、体力のなさに気づく。

けれども、平日フルタイム正社員、7時過ぎに家を出て19時過ぎに帰宅する毎日。

そこから朝食の食器洗いと炊飯、夕食づくり、洗濯をするともう20時を回る。洗濯物を干してから、夫を駅まで迎えに行くともう21時半、夕食を済ませて風呂に入れば22時半はゆうに超える。

私はロングスリーパーなので睡眠時間が7時間を切ると日中仕事にならないので、平日はほとんど自分の時間がない。この点を踏まえると体力を作るためにジムに通ったりする時間はない。ひどいと夕飯後に風呂に入る体力も尽きて寝ていることもあるくらい。

 

本当は、朝早く起きて朝食の片づけと洗濯を済ませてから出勤したいが、一度朝早く目が覚めて眠れなかった日に早く起きだして(5時すぎ)実行したところ、日中に眠気が襲ってひどくイライラして仕事に支障をきたしてしまったため、それからはしていない。

 

最近は業務内容も増えて平日だけじゃ片付かず6連勤の週も少なくない。唯一の休みの日曜日も家事に追われてしまい、勉強どころではなかった。仮に、家事を放って勉強したとしても、家のことが気になるのと平日の疲れが出て手につかなかった。正直、夫が転勤族なのであと何年正社員を続けられるか分からず、せめてキャリアアップにつながればと昨年簿記3級を独学で取得し、今は簿記2級を取りたいところなんだけれども。

 

最近は疲れてなにもやる気が出ず、Twitterなどネットを見てぼーっとすることが増えた。

 

なんだか焦りばかりが募って、何の成果も得られていない自分が歯がゆい。